リストアの語源はレストラン? 出張明けのリストアティブヨガがおすすめな理由。

  • 2015.12.03 Thursday
  • 16:46



関西出張を終えての、昨晩のリストアティブヨガ。

クラスを教える私にとっても至福の時間でした。

それはなぜか??????

リストアティブヨガのリストア=Restoreの語源をたどってみましょう。

日本ではリストラティブヨガと呼ぶ方も多いですが、

リストラとか、リストラクティブと、混乱する方も多いかなと思ったので

asiamではリストアティブと呼んでいます。

しかし、Restoreが動詞だと考えると、リストアってほうが発音にも近いですよね。

さてさてRestoreの語源とは?

英語では意味は以下のようになっています。

ちなみにこの語と同じ語系で、仏語の「restaurant」レストランがあるそうです。

 restore 【他動】

  1. 〜を元の場所[持ち主]に返す[戻す]
  2. 〜を元の状態に戻す、〜を修復[復元]する
  3. (人)を回復させる、(人)に元気を取り戻させる
  4. (人)を復位[復職]させる
  5. 〔なくなっていたものを〕復活させる、復興する
この仏語「restaurant」は、ラテン語で良好な状態にするとを意味する「instauro」、

再度、良い状態にする、回復する意味味する「restauro」に由来するそうです。

「回復させる」という意味から、「元気にさせる飲食物」「滋養となる飲食物」を意味するようになり、

「回復させる場所」を意味する「restaurant」という言葉が生まれたとか。

リストアとレストランが同じ語源だったなんて!と思うと、ちょっと驚きですが

よくよく考えると一本の線でつながりますよね。

ちなみに現代のレストランの起源は、

1766年、裕福な商人の息子が提供した、パリの旅行者、旅人の疲れを癒す場所。

当時のパリには、限られた時間内に大きなテーブルを囲んで大勢で食べる不潔な簡易食堂しかなかったので

メニューから好きな料理を選び、個々のテーブルで楽しみながら食事が取れる場所は新鮮だったはず。

まさに、旅人の疲れを癒し、体力を回復させる場所。

出張明けのリストアティブヨガが最高に気持ちいい理由がわかりました。

もちろん、ご飯もお酒も登場しませんが…..

みなさんの体調を伺って、その日いちばんのメニューを提供したいと思っています。

筋肉の緊張が緩まることで、もっと体の中、内臓の緊張までもほどけ、活動しはじめ、

そして脳の動きもスローになり、緩んでいく。

いちばんのご褒美は、自分の「吸う息「吐く息」を感じらること。

生きている!って感じることが、リストア=回復なのかなと思います。

aya


⭐️詳しい内容はこちらで→ http://staff.as-i-am.net/?eid=45
⭐️毎月奇数週の水曜日19時半からグループクラス

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM