道具を使う ≠ 出来ない ではない

  • 2016.08.03 Wednesday
  • 14:09

 

こんにちは、ふみです!

 

アパートメントにはエクササイズをする際に助けてくれるPropsが沢山あります
ヨガベルト、ヨガブロック、ブランケット、ボルスター、
チューニングバンド、フォームローラー、ボール、etc.

この様々なPropsは、動かしたい部位や伸ばしたい部位を
的確に無理なくそうさせる目的として
又、リラックスしやすい状態を作るために使用していきます。

 

 

道具を使うことにおいて”サポート役”として
今は抵抗なく受入れることが出来ますが、
数年前まで、頭では”サポート役”として理解していても
心情的に受入れていなかったんです。

なんとなく、道具を使う=エクササイズが出来ない
とされている気がしてたんです。
だって、前屈して手が床に着かないからヨガブロックを置くだなんて・・・ねぇ。
一生懸命トレーニングしてきてるのに、悔しいじゃないですか(笑)
だから膝を曲げて床に着くようにしてみたり、
ツイスト する時も無理して腰を痛めたり、
身体の力が抜けず呼吸が浅くなり、エクササイズ本来の目的を全く達成できなかった
なんてことが多々ありました。

 

 

出来ないなぁ、、、と思いつつも
体か硬いから、あの時の目線が悪かったかもと
その原因が「自分の気持ち」だとは疑いもしなかったんです。

 

でも、ある日ボールを背中において腹筋をしてみたら
今まで何を言われているのかさえも理解できなかったことが
体で感じられる、動ける!楽しい!!
と喜びを得たときに初めて心から
道具=サポート役 と受入れることができました。

 

 

道具を使うことは、何も悪いことではなく
出来ないと思われてることでもないんです!

きっと思っているのは自分だけ。


快適に、そして体がより良く変わるために

Propsは使われています。
そして、いつか道具から卒業して動けるように
トレーニングを継続していきましょう!!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM