参考例1/短期集中トレーニングコース

  • 2014.11.05 Wednesday
  • 13:28
プライベート短期集中トレーニングコース
〜参考例〜

1.男性/俳優/50代

2ヶ月後に2ヶ月に渡る映画の撮影を控えている俳優さん。ハードなスケジュール、そしてハードな体勢の役柄であるとともに、持病の腰痛と股関節痛があるので、なんとか持ちこたえるカラダが欲しい。そしてベストパフォーマンスをめざしたい。

(初回)
今回の目的は上記でとてもクリア。ハードな撮影ということで具体的な動きや内容が気になり、役柄についても少しお話いただいた。野外で四つ足歩行になるシチュエーションが多いのとのことで、確かに股関節と腰痛はネックになるなと予想された。トレーニングを積まれてきたかなり経験豊富な方なので、痛みにもかなり慣れている様子ではあるが、まずは、痛みが出ないようなカラダをめざしたいと思った。アクションなどもこなされてトレーニングなさってきているので上半身はたくましく男性的だがそれに比べると下半身は細め。スーツを着るとかなり肋骨が目立って反り返った印象があるとのこと。(ヤクザ役にはもってこいだが.....) 上半身が大きく、下半身が弱いのでそれゆえに、上と下のコネクトがしづらくなってきていた。ちょうど体のセンターである腰椎と付け根の部分がつぶれがちであることと、あと、アウターの筋肉が強く脚はとくに外旋していくことがその原因でもあることから、アウターの筋肉はゆるめつつ、内側の筋肉で体を支える感覚が出たらいい!と思った。横隔膜が動くなるようになると肋骨も下がるので、スーツ問題もクリアになるはず。ウエストのコネクションを感じていただけたら、さらに四肢とトルソーの連結を感じて動くのが課題だと思った。動物のようなしやなかな四足歩行と、それぞれ腕や脚ではなく、ボディから(腹筋、背筋、大腰筋)から行うことをめざしたい。

(2回目以降)
スタンディングの立ち姿勢で、正しいポジション、ニュートラルを感じてもらいたかったので、レッスンはここからはじめた。これは3回目以降もずっと。また、脚の強化が課題でもあるし、撮影の期間が長期にわたることと国外であったので自分でトレーニングもできるようにということで、ヨガの太陽礼拝を必ず取り入れた。シンプルな動きで、ご自分で体を調整できるようになれたらいいとも思った。また四つ足歩行の姿勢、腕と脚でボディを支えるという感覚の強化にもなるので、メインは、フロアでのヨガとストレッチでトレーニングを行うことにした。シンプルでどこでもできることが大切。

(5回目あたり)
ご自身での体の変化は早々に感じていただけたようだった。長年わずらってきた痛みや怪我の後遺症でもあるので、痛みは100%取れたとは言わないが、気をつけて集中して動く分にはまったく問題はない。仕事関係の方から「カラダが変わりましたね」と言われたというお話を聞いて、さすがにプロの方々は観察力が鋭いなと感動する。だいぶ変化を感じていただけたようで、撮影ぎりぎりまで継続を希望して下さった。

(8回目あたり)
痛みもだいぶ軽くなってきたよう。間が少しあいても、Homeworkとして、携帯の動画で撮ったストレッチ動画を見ておうちでもやっていただいているので、柔軟性はかなりあがった。軽々と手のひらが床についている。腰の痛みはほぼ無くなったようなので、あとは、長年の股関節の痛みだけ。付け根部分、太ももの外側の筋肉のストレッチは入念に、そして内転筋やソーアスを感じて、そちらを働かせるように意識を向けてもらう。

(10回目あたり)
撮影のため1ヶ月目前にフィッティングした衣装が、だいぶ体に合わなくなったと嬉しい悲鳴。それは見た目だけではなく、動きにも表れていた。まずはいちばん最初のスタンディングポーズの姿勢が大きく変化し、脚だ大地を踏みしめる感覚、グラウンディングする感覚が出て来たので安定感が出た。そして何よりも柔軟性と可動域が広がった。太陽礼拝のダウンドッグのポーズも広がりが出で、手足の土台の安定感はありつつ、トルソー部分が動きのひっぱりあいが見え伸びが生まれていた。

それ以降、海外撮影ぎりぎりまで、あと数回レッスンにお越しいただいた。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM